The Fountain Of Things
主に趣味や日常生活,買い物に関する自分ログ

プロフィール ×

泉筆

  • Author:泉筆

  • 生年月日

    1984年3月19日
    某一部上場精密機械製造業に所属の新入社員

    性別


    身体的な仕様

    171cm-50kg
    A型
    鼠年
    左利き


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ベルト交換PART2(オメガ デ・ビル プレステージ クロノグラフ)
【2006/12/02 22:13】 腕時計
画像(オメガ デ・ヴィル プレステージ クロノグラフ)

一つ前の記事で,オメガのデ・ビル プレステージを革ベルト仕様に交換した事を書いたが,以来革ベルトが気に入ってしまい,この度,同じオメガのデ・ビル プレステージ クロノグラフを革ベルトに換える事にした。

今回も自分の手で,と思ったがバネ棒外しでバネ棒を引っ掛けようとしても,隙間が狭くてうまくいかない。傷だらけにしてしまう前に諦め,時計店に持っていく事に。

持っていったのは,舶来物の時計のオーバーホールもしている個人店。百貨店に持って行くのが無難と思ったが,車で15分の距離を面倒臭がってしまった。

しかし,この店の店主もかなり苦戦。「何で外れんのだ?」と自問自答しながらも,結果的には外してくれ持ち込んだベルトを取付けてくれた。工賃は500円。

画像(オメガ デ・ビル プレステージ クロノグラフ)

左が「デ・ビル プレステージ 手巻」,右が件の「デ・ビル プレステージ クロノグラフ」。オメガのデ・ビル,このシリーズはかなりコストパフォーマンスが高いと思う。

テーマ:腕時計 - ジャンル:ファッション・ブランド

オメガのデ・ビルを革ベルトに
【2006/11/25 12:22】 腕時計
画像(オメガ デ・ビル プレステージ)

最近,革ベルトの時計が格好良く見える。色,革の種類でぜんぜん表情も変わる。ただ,耐水性・耐久性はブレスには劣るだろう。

そこで,私も革ベルトデビューをすべく,ネットサーチ。選んだのは「モレラート(MORELLATO)」。良い評判・悪い評判たくさんあったが,一応イタリアメーカーと言う事で,そこそこの雰囲気のある物は期待できそう,またこの時計のラグ幅19mmに対応したバンドがあり決定。価格も良心的だし,注文したショップでは,初めての購入の方にバネ棒外しの特典があり試しの意味でも丁度良い。

画像(モレラートのベルト)

注文したのがこれ。ワインに近いブラウンのイメージで探していて,理想に近かったのがこのバーガンディ。革の感じも値段を考えると十分じゃないだろうか。バネ棒外しも入っていた。早速交換作業。

画像(モレラートのベルト)

ブレスを外し,件のベルトをつけようとするところ。ベルトの交換を自分で行うのは初めてだったので30分ほど費やした。

画像(オメガ デ・ヴィル プレステージ)

完成。自分のイメージどおり,イメージ以上に変貌して大満足。

画像(モレラートのベルト)

今回合わせてDバックルも購入。まだ少し硬めだが,使っていくうちに解消されるだろう。革にかかるストレスが軽減されるので,尾錠よりは長持ちしそうだ。それでも尾錠にこだわる時計にマニアもいるようだが。

画像(オメガ デ・ヴィル プレステージ)


テーマ:腕時計 - ジャンル:趣味・実用

100円ショップのパーカー互換ゲルリフィル
【2006/11/11 12:49】 文房具
画像(100円ショップのボールペン)

100円ショップにパーカーのボールペンに互換するリフィルが入ったボールペンがあると聞いて,早速いってみた。

ノック式ゲルインクボールペンという名で売られているそれは,本体に入っている換芯とさらにもう一本換芯が付いていた。色は,黒,赤,青があったと記憶している。

書き味が余りにひどいとあれなので(2本入りで100円の韓国製なので期待していない。),一つだけ買ってみた。

画像(100円ショップのボールぺン)

裏にはご親切に芯の交換方法まで書いてある。

画像(100円ショップのボールペン)

これがリフィル。金属製ではなくプラスティックかなにかの安そうな素材。今から早速交換してみる。

画像(100円ショップのボールペン)

ボールペン本体は,パーカーのインシグニア スターリングシルバー。中のリフィルを取り出して比べてみると大きさ・形状は全く同じ。すんなりと交換が完了した。

画像(100円ショップのボールペン)

リフィル自体の書き味は中の中。値段を考えれば立派なものだ。私はゲルインクは余り好きじゃないので,油性であればもっと良かったのだが。

画像(100円ショップのボールペン)

大体このボールペン自体がパーカーを意識して作られている感じだ。微妙に矢羽クリップに見えないこともないし,フロンティアに似ていると言えば似ているような。そういえば,クロスのボールペンにそっくりなものもあったなあ。これも本家クロスにリフィルが適合するのである。

ラミー2000 4色ボールペンのリフィル ゼブラは…
【2006/10/28 22:24】 文房具
画像(ラミー2000 4色ボールペン)

ラミー2000のリフィルを交換した記事は書いたが,少し不安な事が。それはゼブラのリフィルについて。

今回の交換で緑がゼブラの4Cリフィルになったが,交換するときも感じていたが,芯を挿してあげるのに力が必要な事。ペン側に圧力がかかって,ガバガバになってしまうというウェブソースを発見。なんとなく気になったので,緑だけ元に戻す事にした。ソースの真偽はともかく,このままだと精神衛生上よろしくない。

画像(ゼブラの4C規格のリフィル)

これがゼブラのリフィル。ぱっと見は,ラミーと比べて特に大きいとは感じない。

画像(ラミー2000 4色ボールペン)

よって,パイロット,三菱,ラミーのリフィルが詰まったペンが完成した。リフィル交換のきっかけはラミー2000のリフィルへの不満であった。しかし緑に関してはそんなに悪くないのである。実はそれどころか,ゼブラの緑リフィルがよろしくない。交換当初,良かったと感じたのはいったい…。

告知

ただいま,The Fountain Of Stationeryを更新中。 文房具のページ手帳のページボールペンのページを追加したので,よろしくお願いします。



テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

手帳と携帯を一新
【2006/10/27 20:57】 お気に入り
ヴィトンの手帳とauの携帯電話

最近新しくしたものが2つ。手帳と携帯電話である。色合いが似ているのはたまたまである。

手帳は,コーチ(COACH)のシステム手帳を1年間使用してきた。コーチの手帳自体には何も問題は無い。それどころか,1年間ずっと持ち歩き酷使したにもかかわらず,全くといっていいほど劣化しなかった。素晴しい手帳だった。ただ気分の問題,はっきり言えば飽きてしまったのである…

そしてコーチに変わる手帳として購入にいたったのがルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)の手帳。絶対条件は,バイブルサイズで皮革製であること位。後はデザインと素材感が好みだったヴィトンのエピラインに決まった。第一印象は頑丈そう。第二印象はペンホルダが小さい。長く愛用していきたい。

携帯電話については,われながらやっと機種変更したかという感じ。前の機種(C3002K)は5~6年愛用してきた。カメラや着うたなんてものは無い。アンテナも外付けである。

たまたま届いたauからの機種変キャンペーン見たの(普段は捨ててしまう。)を何かの縁だと,変更を決断した。日立のW42Hという機種である。

決意したとき,5~6年も使っていたC3002Kの傷だらけになったボディに愛着がわいており少し寂しい感じがした。しかし,新機種を手にした瞬間,その気持ちが奥のほうへ引っ込み,新機種の機能に驚きと感動がこみ上げてきた。CDから曲が丸ごと転送できるなんて… ブラウジングが早い… カメラ結構綺麗に取れるじゃん… 予測変換…

ちなみに,携帯ストラップはブルガリ。これが思い出の一品。大学時代百貨店でバイトしていたのだが,そこの社員のお姉さんの仕事を自分の定時後手伝っていた(勿論,無給)。短期のバイトだったので,期間の過ぎた1ヶ月後,そのお礼とプレゼントしてくれたもの。その人曰く,私はピンクが似合うらしい。

仕事のストレスが物欲を増進させまくっていて怖い…

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。