The Fountain Of Things
主に趣味や日常生活,買い物に関する自分ログ

プロフィール ×

泉筆

  • Author:泉筆

  • 生年月日

    1984年3月19日
    某一部上場精密機械製造業に所属の新入社員

    性別


    身体的な仕様

    171cm-50kg
    A型
    鼠年
    左利き


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジョルジオ・アルマーニ(GIORGIO ARMANI)のメガネフレームと偏光レンズ
【2006/03/12 21:09】 お気に入り

ジョルジオ・アルマーニ(GIORGIO ARMANI)のメガネ

画像(アルマーニのメガネ)

グッチのメガネを購入して以来,メガネがマイ・ブームである。これほど人の印象を変えるアイテムはないだろう。早速二本目が欲しくなり,いろいろ比較検討してみた。ハウスブランドと呼ばれるメガネ専門のメーカーに興味を持つが,やはり値段が高めである。結局,お手頃の値段で気に入ったデザインで,掛け心地も良かったアルマーニにした。

レンズであるが,グッチのメガネは,一番安い度無しプラスティックレンズを入れたが,変化をつけようと偏光レンズを選び,薄く色も入れてみた。

目を疲れさせる原因は自然光の眩しさより反射光のギラツキである。しかし,従来のサングラスレンズでは光の量を減らすだけで目を疲れさせる反射光はカットできない。この目に負担のかかるギラツキを薄いフィルターで取り除き,澄み切ったここちいい光景に変えてくれるのが偏光レンズである。偏光レンズはレンズとレンズとの間に偏光膜(偏光フィルター)を挟み込み,目の疲れの原因となる反射光を偏光膜が除去し,目に優しい光だけが目に入る。

入れた色も薄く,いかにもサングラスという感じではないので重宝すると思う。現在は,パソコン用メガネになっている。

スポンサーサイト


テーマ:おしゃれメガネ - ジャンル:ファッション・ブランド

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pelikan.blog20.fc2.com/tb.php/85-4f166d2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。