The Fountain Of Things
主に趣味や日常生活,買い物に関する自分ログ

プロフィール ×

泉筆

  • Author:泉筆

  • 生年月日

    1984年3月19日
    某一部上場精密機械製造業に所属の新入社員

    性別


    身体的な仕様

    171cm-50kg
    A型
    鼠年
    左利き


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画「笑の大学」の万年筆
【2006/03/10 16:54】 万年筆

「笑の大学」の万年筆が気になる

画像(笑の大学)
画像(笑の大学)

「笑の大学」という映画にでてくる万年筆が気になっている。時代は昭和15年。稲垣五郎演じる喜劇作家と検閲官とのやり取りが魅力な映画で,役所広司演じる検閲官の厳しい要求が,喜劇としての作品の完成度を高める事になり,二人の協力により最高の作品が出来上がる。その検閲官の直しが入ると,万年筆が登場する。

ヒントとなる情報は,キャップがねじ込み式である事と,黒軸である事。Souveränシリーズに見えない事も無いのだが…

画像(笑の大学)

これは稲垣五郎が実際に書いているところ。「お肉」と書こうとしている。なぜ「お肉」なのかは映画を見てもらいたい。気になるのが彼の持ち方。いわゆる「正しい鉛筆の持ち方」でも,万年筆で書きなれた人特有の「軸の後ろの方を持ち,ペンを寝かせて力を抜いて」でもない特有の持ち方。またかなり力が入っている。ふにゃふにゃのペン先だと曲がってしまうのではないだろうか。

もう一つ興味深かったのが,ペン先と原稿用紙が触れる角度。彼は私と同じ左利きのようで,実はこの角度。私も大好きな角度なのである。私はもう少し寝かせて書くが,ペン先の右半分よりにあたるようにすると書きやすい。左利きの方はどうだろうか?

ちなみに私は,箸を持つ時は右,ペンを持つ時は左,投げる時は左,蹴る時は右だったりするが,左利きだと思っている。腕を組むと左腕が下・左手指が上と右腕が上・右手指が下の組み合わせになる。理科系科目は余り得意じゃなくセンター試験レベルはオーケーでも,国立2次試験レベルの問題を解くときはかなり頭をフル回転させなければならない。やはり左利きか。

スポンサーサイト


テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pelikan.blog20.fc2.com/tb.php/83-b07f78cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。