The Fountain Of Things
主に趣味や日常生活,買い物に関する自分ログ

プロフィール ×

泉筆

  • Author:泉筆

  • 生年月日

    1984年3月19日
    某一部上場精密機械製造業に所属の新入社員

    性別


    身体的な仕様

    171cm-50kg
    A型
    鼠年
    左利き


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


万年筆と車、腕時計
【2005/08/23 21:25】 万年筆
毎日、毎日万年筆の写真を見ては「欲しいなあ。」とボーっとしてしまうのだが、ここ数ヶ月万年筆以外に手に入れたいものがある。それは腕時計。それもムーヴメントは「機械式」の腕時計だ。私が所有している腕時計は、全部電池で動くクオーツ式。クオーツ腕時計と違い、1日何秒かは精度が狂うため、時刻を合わせる手間が多い点や、数年に一度はオーバーホールが必要なことなど一見手間がかかるが、機械式時計独特の時を刻む音などとてもひきつけられる。

これは、万年筆とも共通点がある。インクを入れたり、洗浄が必要だったり手間がかかるのだが、持っていてとても楽しい道具である。さらには、私は車を購入する際はマニュアル車を運転したいと考えている。オートマ車と違い、ギアとクラッチの余分な手間があるのだが、クラッチの繋げ方が下手だったりすると、車は正直にガタガタして自分が車を操っている気分がいっそう強くなる。

万年筆が好きな人、マニュアル車を運転している人は今では珍しい(機械式の腕時計はそうでもないかもしれない。)。そこで思うのが、案外この2集団にかなり共通部分が存在するのではないだろうかという事。そんな統計無いかなあ?

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pelikan.blog20.fc2.com/tb.php/5-d325234e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。