The Fountain Of Things
主に趣味や日常生活,買い物に関する自分ログ

プロフィール ×

泉筆

  • Author:泉筆

  • 生年月日

    1984年3月19日
    某一部上場精密機械製造業に所属の新入社員

    性別


    身体的な仕様

    171cm-50kg
    A型
    鼠年
    左利き


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Grenson(グレンソン)のfootmaster(フットマスター)
【2005/10/16 10:13】 ファッション

Grenson(グレンソン)のfootmaster(フットマスター)を購入


革靴について


先日来年入社する会社の内定式のために、初めて本格靴を手に入れた。今までは、安物スーツを買ったときについてきた、おそらく本革でないプレーントゥを使っていたのだが、大学の入学式~就職活動と3年以上使った結果、スーツ着用のアルバイトをしていた3年目の夏休みについにソールが剥れた。そこで初めて手に入れた、グッドイヤー・ウェルト製法の本格靴。足にぴったり合う靴の素晴らしさを実感。つい、ファッションというと服装に優先して目が行きがちだったが、足元の重要性も理解。同時に、時計、鞄、財布、ベルトなど小物を含めたトータルバランスが大事だと、大学4年にもなった今頃気づく。飽きてしまった一過性の流行服を買わず、小物に投資する足しにして置けば・・・・。
靴のケアなど調べていくうちに、靴好きな方のサイトにいくつか出会い、靴の奥深さを知り、ますます興味がわいた。靴の画像を見ていて、何故か国産のリーガルやスコッチグレインより、インポート靴(特に欧州)に目を奪われるのは、日本製腕時計より、スイス製腕時計に心が惹かれるのと似ているかも。

shoes_grenson1

これが、手に入れたGrenson(グレンソン)のfootmaster(フットマスター)である。この靴のデザインはなんと言うのだろう????

Grenson(グレンソン)について


1886年に、ノーザンプトン郊外のラシュデンにてウィリアム・グリーンが小さな工房を開いたのがグレンソンの始まりである。1895年に会社化し、創業者の苗字「GREN」とその息子「SON」をつなげた造語「GRENSON」を社名とする。産業革命時にも機械化を進めず、あくまでも伝統の製靴法によって手仕事にこだわる。
1911年には現在同様の生産方式を確立するのだが、製法、工程、技術ばかりでなく、設備や道具までも当時のものをそのまま使用しており、1足の靴は200以上の工程と8週間の時間を経て作られている。それゆえに130人ほどの職人による生産数は週におよそ300足と限られる。
皮革はフランスのアノネイ社など一流のタンナーから上質のカーフを仕入れている。
Grenson(グレンソン)のフラッグシップモデルといえる最高級ラインにmasterpiece(マスターピース)というモデルがある。ただし日本での入手はなかなか難しいらしい。OLDVIC(オールドヴィック)で何点か取り扱いがあるようだ。後は海外通販という事になるが、通販は、そのメーカーの靴のサイズを明確に理解していないとかなりの博打だ。靴は足に合ってナンボである。footmaster(フットマスター)はより一般的モデルである。
公式ウェブサイト

ノーザンプトンについて


ノーザンプトンは英国の既製靴の聖地といわれており、イングランド中西部に位置している。人口はおよそ2万人ほどで、英国靴の約8割が生産されている。

Grenson(グレンソン)のfootmaster(フットマスター)


shoes_grenson2

shoes_grenson4


shoes_grenson4

shoes_grenson3

勿論革底で、製法はグッドイヤー・ウェルトの本格靴。
当分、スーツを着用する機会はなさそうなので、靴磨き、カジュアルにあわせる練習をしておく事にする。やはり、ジャケットスタイルに合うだろうか。ジーンズとも相性がよさそうである。そういえば、どこかでベルトと靴の色は合わせると聞いた事もある。本格靴を徐々に勉強していこう。

とり合えずそろえなければならないシューケア用品メモ



  • 乳化性クリーム

  • 豚毛ブラシ、馬毛ブラシ

  • シューキーパー


調べてみると、靴クリームも乳化性、油性があったり、靴墨、ミンクオイル、重宝するらしいデリケートクリームなるものがあってさっぱり解らない。だんだんと理解して揃えていくとして、最低限必要なのはこれらだろうか。
ウェブサイトGalleryにも近日中には追加していく予定。
スポンサーサイト


テーマ: - ジャンル:ファッション・ブランド

この記事に対するコメント
テーブルコーディネートにナプキン
ナプキンの検索サイト。画像、生理用ナプキン、ペーパー、ランキング、松嶋などナプキンに関する各種情報をお届けしています。 http://seen.tallmadgetitans.com/
【2008/11/14 03:21】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pelikan.blog20.fc2.com/tb.php/45-5ba84078
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。