The Fountain Of Things
主に趣味や日常生活,買い物に関する自分ログ

プロフィール ×

泉筆

  • Author:泉筆

  • 生年月日

    1984年3月19日
    某一部上場精密機械製造業に所属の新入社員

    性別


    身体的な仕様

    171cm-50kg
    A型
    鼠年
    左利き


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


経理初心者 勉強中
【2006/07/16 21:48】 新社会人
画像(会計のテキスト)

まったく会計知識の自分が配属された経理部。すべて教えてもらえると思ったら大間違い。自分から勉強,質問しなければ。

会社の会計システムの使い方や,その他処理手順を教えてもらっても,自分が行っている処理の意味や用語が分からない事が多い。今の私は,事務作業ロボットである。しかしそんな仕事は,私なんかを正社員として採用してくれた会社は求めていない。目指すは提案,改善の出来る経理のプロフェッショナル。プロフェッショナルは言い過ぎた…。しかし,自分の知識を増やすための最大限の努力は惜しまないつもりだ。部長曰く,「俺だって勉強の毎日だ。」と。そうだろう。勉強が終わる日なんて来ないのだ。

そして余りにも拙い私の会計知識。そこでテキストを2冊買ってみた。NTTビジネスアソシエ株式会社の’会社「経理・財務」の基本テキスト’と桜井久勝氏の「会計学入門」。この2冊を選んだ決め手は,両者とも1,000円以下の値段の安さに,まったくの初心者が対象(とまらずに読める),参考としてアマゾンでの書評。

まだ読み終わってはいないが,2冊ともコストパフォーマンスは素晴しい感じる。この2冊をしっかり理解して,さらにステップアップしたいと思う。

失敗ばかりで落ち込む日々なのだが,経理と仕事に魅力も感じている。製造業のわが社。経理は他の事務系部署より,工場の方と接する機械も多いし,取締役に業績報告をしたりするため会社の数字はしっかりと把握しなければならない。海外子会社との連結決算との打ち合わせなど海外出張も多い。それゆえ事務系の中では一番厳しい部署といわれている。上司も厳しい人が多い。持っていった書類はことごとくやり直し,質問攻め。要領得ない回答をする私に,だんだんと浮いてくる血管…。ただ納得できるのが,私自身が自分の能力不足を理解している事と,その部長が自分にもとても厳しい人という事。こち亀の大原部長と似ている。違うのは部下には恵まれていて,先輩方も尊敬できる人が多い…

画像(会計帳簿)
画像(会計帳簿)

そして最近はじめた事が,「家計簿を複式簿記でつける」という事。当初,エクセルかなんかで仕訳→総勘定元帳→試算表→財務諸表という流れでやってみようかと思ったが,「Inage式会計帳簿」という素晴しいソフトを見つけたのでそれを利用させてもらってる。エクセルベースでお金の動きが発生すると仕訳帳に記入する。するとPL,BSまで自動で作成してくれる。当分の自分の取引に固定資産の購入はなさそうだが(車を買えといわれているが…),出てきたら減価償却費を計算したりしてみようか…

スポンサーサイト


テーマ:新社会人 - ジャンル:就職・お仕事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://pelikan.blog20.fc2.com/tb.php/107-22f94aee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。