The Fountain Of Things
主に趣味や日常生活,買い物に関する自分ログ

プロフィール ×

泉筆

  • Author:泉筆

  • 生年月日

    1984年3月19日
    某一部上場精密機械製造業に所属の新入社員

    性別


    身体的な仕様

    171cm-50kg
    A型
    鼠年
    左利き


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ペンクリニックに行ってきた
【2006/02/28 13:10】 万年筆

セーラー万年筆のペンクリニック

画像(ウォーターマンC.F.とプラチナのシープ)

セーラー万年筆によるペンクリニックが,近所で開催されていたので行って来た。とても素晴しい一日になった。

調整を頼んだのは,写真にある2本。プラチナのシープとウォーターマンC.F.である。共に父から譲り受けたので古い。特にウォーターマンC.F.は譲ってもらった当初から調子が悪く,30度くらいに傾けなければ筆記できない状態。プラチナのシープも,自分で弄くったため,インクフローが渋くなってしまった。

調整終了後,両方とも完璧に復活。最低の状態から,最高の状態になった。凄すぎる…

ペンドクターは川口氏。とてもやさしい方だった。私の場合,初ペンクリニックの緊張で,ずっと挙動不審だったのだが,川口氏にいろいろ教えてもらっている方もいて羨ましい。こちらでのペンクリニックは年一回から二回のチャンス。そして今年,私は卒業して帰省。ちょっと残念である。

ウェブサイトペンクリニックレポートでも取り上げてみた。



スポンサーサイト

テーマ:文房具大好き! - ジャンル:趣味・実用

卒業研究完全終了
【2006/02/24 16:44】 卒業研究

卒業研究の終了と新たな…

真の解放まで

卒業論文は1月31日に提出したものの,「卒業論文発表会」と言うイベントが残されていた。数日前に行われた発表会では,以外と堂々とプレゼンテーションできて自分でも驚いた。順番が最後の方だったこともあり,友達の発表を見ていると落ち着いてきた。早く終わらせたいばかりに,早口になってしまう癖を意識して修正し,極力「ゆっくり」「大きな声」「前を向く」を心がけた。ちょっときつめの質疑に,先生の助け舟を頂く事になってしまったが合格点だと思っている。何しろ前日の発表練習がひどい出来だったのだ。

その後の打ち上げでは,たらふく飲み食いし,思いっきり自分を解放してしまった。しかし,もう一仕事残っているのである。それは,発表会用のプレゼンテーション,論文原稿を作っていく過程で生まれた,システムの修正とそれを論文への反映させる事。それが完了して本当の終了と言える。残念ながら翌日は,飲み会の後という事でやる気が起きなかったのだが,2日ほど頑張って仕上げ,先生に提出してきた。そう,ついに終了したのである。先生から「お疲れさん。また飲み行こう。」と言って貰えた。

ご褒美のお菓子?

オンラインショッピングでお菓子を注文した。2週間ほど前にもまとめ買いしたのだが,卒業論文に疲れると,お菓子に手が伸び,結局もう無くなった。

画像(注文したお菓子)
画像(注文したお菓子)

今回注文したのは,以前も注文した「チップスター」1ケースに,「DARS ビター」1ケース,ポッキー2箱,プリングルス1個,ポップコーン1袋,すっぱムーチョ1袋,焼きもろこし1袋といったところ。卒業式までは暇になるだろうし(引っ越し準備があるが…),友達を呼んで飲み会をしたりすればすぐ無くなってしまうだろう。

さあ,遊びまくる…ことは出来ないようで

先日,入社予定の企業から新人研修用のテキストを発送したとの連絡を受けた。論文や研究が終わるこの時期を待って下さったようで,満を持しての発送という感じ。余り遊びまくっていると,4月から身体が適応できるか心配である。もう学生ではない。社会人になるのである。甘えは許されない。闘わなきゃ,現実と…



テーマ:大学生活 - ジャンル:日記

トレンチコートの歴史と機能
【2006/02/18 11:38】 ファッション

トレンチコートの歴史と機能を紹介

トレンチコートについて

画像(レインチータのトレンチコート)
画像(フライツォーリのトレンチコート)

前回と,前々回にフライツォーリのトレンチコートと,レインチータのトレンチコートを紹介した。

その時にも書いたように,トレンチコートは好きなファッションアイテム5本の指(テーラードジャケット,トレンチコート,長袖シャツ(カーディガン),革靴,腕時計)の一つである。そこで,今回はトレンチコートについて詳しく調べてみた。

トレンチコートの基礎知識

戦争は多くの悲劇だけでなく,機能性,デザイン性に優れた衣服を生み出した。トレンチコートもその一つであり,第一次世界大戦の塹壕戦で大いに活躍した。戦争後は,レインコートとして男性はもちろん女性にも着用されるようになった。ロンドンの雨はしとしとと降る霧のような雨で、日本のように土砂降りになることはめったにない。傘はステッキ代わりで,殆どの人が広げようとしない。機能性に優れたレインコートがあれば事足りるのである。雨に濡れるのをいとわず胸を張って歩くのがダンディだとされているそうだ。

平和時に「トレンチ」といえば考古学者が遺跡を発掘するために掘る溝のことを指す。戦争時となれば「塹壕」を意味する。戦場の最前線に身長の半分ぐらいの深さの溝を掘り、その中で銃を構え、敵が現れるのじっと待つ際に着用されたのがトレンチコートである。

後で示すように,トレンチコートに無駄なディティールは無い。戦争使用に耐えたのだから当然だろう。第一次世界大戦中には54万人の将校がこのコートを使用していた。

トレンチコートといえば,英国の「アクアスキュータム(Aquascutum)」と「バーバリー(BURBERRY)」が思いつく。

バーバリーの創業者であるトーマス・バーバリーは,夏にでも着用できる薄い服地を探していた。彼は農夫が着ていたリネンに目を付け、リネンより安いコットンでギャバジンを織ることにした。糸の段階で防水をして、ギャバジンに織り上げた後で再度防水加工を施す方法を考え出し、理想に近いレインコート用の服地を作り出す。現在,織物の一般名称になってしまった「ギャバジン」は同社の登録商標である。1911年に第一次世界大戦が勃発し,塹壕(トレンチ)で激しい戦闘が繰り広げられるのを見て、ボタンがなく紐で括るタイロッケンコートに改良を加え,トレンチコートを完成させた。

1851年にロンドンのリージェント.ストリートに小さな高級紳士服店をオープンしたのが,アクアスキュータムである。1853年に,抜群の防水性を持つウール服地を開発。ラテン語で防水という意味を持つ「アクア(水)スキュータム(盾)」という名前がつけられた。第一次世界大戦時は塹壕戦が激しくなり,軽くて,雨を通さず,暖かいコートが要求された。アクアスキュータムはこれにこたえて数多くのトレンチコートを供給してきた。

トレンチコートの機能

画像(トレンチコート)

①,エポーレット(肩章)

画像(エポーレット)

かつては将校の地位を表すバッジをつけていたエポーレット。それだけではなく双眼鏡のストラップを通して固定したり,水筒をつり下げるのにも適している。

②,ガンフラップ

画像(ガンフラップ)

第一次大戦の際には、ライフル銃の銃床を支え,撃った時の衝撃から体を守るためのものだったガンフラップ。当時は今よりも大きく,ラベルにかけてボタン留めするこのデザインは,現在でも水がコートの中に入るのを防ぐことに役立っている。

③,チン・ストラップ(チン・ウォーマー)

画像(チン・ストラップ)

文字通りアゴを暖める役割を果たしている。

④,腰ベルト

画像(腰ベルト)

ウエスト位置で絞めるベルトには,ナイフや手榴弾、水筒などの装具をを下げるためのD字型の金属リングが6個付けられている(写真では付いてない)。現在では装飾的な意味が強い。

⑤,カフ・ストラップ(スリーブ・ストラップ)

画像(カフ・ストラップ)

コートの袖口には細いベルトがつけられているが,思い切り絞め上げると袖口から入ろうとする雨水を完全にシャットアウトしてくれる。また,締めることで風の侵入も防ぎ,腕を動かしても袖がまくれないようになっている。

⑥,ストーム・ポケット

画像(ストーム・ポケット)

ストームポケットの中に水が入るのを防ぐためのフラップがボタンでかけられるようになっている。

⑦,フック&アイ

激しい雨風を防ぐため衿を立たせ、のどもとをしっかりと止めるためのフック&アイ。

ケープ・ドバック

画像(2重ヨーク)

ケープド・バックと呼ばれる雨が最も当たる背中上部のケープ状のヨークが二重になっていて,防水の役割を果たす。

ダブルブレステッド

画像(ダブルブレステッド)

前ボタンは,シングルブレステッドもあるが,伝統的にはダブルブレステッドだろう。

トレンチコートは魅力的

エポーレット,ガンフラップ,腰ベルト等,今日では,デザイン上のものでしかない箇所はあるが,機能性とデザイン性に優れているトレンチコートは魅力的である。



テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

レインチーター(Raincheetah)のトレンチコート
【2006/02/15 11:31】 ファッション

レインチーター(Raincheetah)のトレンチコート

続・トレンチコート

画像(レインチーターのトレンチコート)

昨日に引き続いて,トレンチコートを紹介。フライツォーリのトレンチコートに比べて,着丈は長いが,身幅はよりタイトになっている。着丈は,約100cmで171cmの私のちょうど膝小僧の上くらいの丈。膝下まで丈が来ると,カジュアルに着崩す自信が無い。コートの丈としては100cmが限度と考える。身幅は45cmほどでタイトな作り。身幅はともかく,アームホールがかなりタイトなのでスーツの上から着るのはぎりぎりと言う感じ。色は同じく黒。

レインチーター(Raincheetah)について

画像(レインチーターのトレンチコート)

レインチーターは,1949年にイギリスのマンチェスターでスタートした老舗ブランドである。有名なセレクトショップでも取り扱われている。これは,シップス(SHIPS)の別注品である。サイズ表記はM。

レインチーターについてはこれ位しか分からなかった。Googleで「レインチーター OR Raincheetah」とOR検索しても,総ヒット数は133件(平成18年2月15日現在)である。しかも似たページが省かれた結果は21件。是非詳しく知りたいのだが。

シップスは,いわゆるセレクトショップ御三家の一角をなしている。他には,ビームス,ユナイテッドアローズがある。ちなみに私好みの有名セレクトショップは,エディフィス,トゥモローランドだったりする。それはともかくシップスは,アメ横でアメリカ軍の放出物資を売っていた三浦商店がその母体であり,現在は,177億程度までに成長している。1980年代後半に爆発した渋カジ(渋谷カジュアルの略)ブームに乗って,急成長した。渋カジとは,インポートモノのジーンズや短パン,Tシャツやポロシャツなどをカジュアルに着こなすというスタイルらしく,シップスだけでしか買えない,憧れの渋カジブランドもあったようだ。→シップスの公式サイト

素材は,毛70%に綿30%。重めの生地なので冬でもそこそこ暖かい。また,タイトなシルエットのおかげで保温性が増している。原産国は英国である。

トレンチコートのディティール

画像(レインチーターのトレンチコート)

まさにトレンチコートといえる,正統派のトレンチコートのディティールを持っている。エポーレット,カフ・ストラップ,ダブルブレステッド,ウェストベルト,ガン・フラップ,チン・フラップは襟裏にしっかり内蔵されている。ベルトにDリングがあれば100点満点か。

どのように着るか

着丈が長い点が難しい。スーツの上なら問題なく決まりそうだ。カジュアルにどう着るか…。ボタンを留めると,かなりきめきめ感がでる。タイトなシルエットなので野暮ったくならないのが救いか。ボタンを閉めず,前を開いてみると,幾分きめきめモードも和らぐようだ。

何はともあれ,高い(8万ほど)だけあってとても良いコートである。伝統的トレンチコートの型なので,長く付きあうことになりそうだ。

写真はウェブサイトGallery~いろいろ写真館~レインチーターのトレンチコートに掲載中。



テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

フライツォーリ(Fraizzoli)のトレンチコート
【2006/02/14 22:18】 ファッション

フライツォーリ(Fraizzoli)のトレンチコート

画像(フライツォーリのトレンチコート)

トレンチコート

ファッションアイテムの中で3本の指に入るほど好きなアイテムが「トレンチコート」。ミリタリーアイテムだけあって、トレンチが持つたくさんの軍用ディティールは、それぞれ役割があり,男らしくて格好良い。現在持っている2つのトレンチコートを今回と次回で紹介したい。

上の写真が、フライツォーリというブランドのトレンチコート。丈は87cmほどで、171cmの私にとってはちょうど良い膝上丈になっている。色は黒。シルエットとしては、結構細身の私だがタイト過ぎず、スーツ上から着れる位は余裕があるといったところで、丈も含めてジャストだと思っている。

画像(フライツォーリのトレンチコート)

これは裏地の写真で、洒落たストライプ柄になっている。

画像(フライツォーリのトレンチコート)

こちらが背中写真。ベルトについては,後ろで結んでおくことが多い。トレンチコートに特徴的な機能である,ケープド・バックと呼ばれる雨が最も当たる背中上部のケープ状のヨークが二重になっている。

フライツォーリ(Fraizzoli)について

画像(フライツォーリのトレンチコート)

フライツォーリは,1923年に創業されたミラノに本拠を置く,イタリアを代表するユニフォームメーカーである。ミラノのポリスマン,ドクター,ホテルマン,シェフなどの様々ユニホームを作っているメーカーで聖林公司とのコラボレーションによって,ジャケット,パンツ,コートなどタウンユースなアイテムを展開している。

ちなみに聖林公司は,代官山発のカジアルブランド(セレクトショップ)のハリウットランチマーケットや,個性あふれるデニムウエアのBLUE BLUE,和のテイストのオクラ,ワーク・サープラスを中心としたハイスタンダード等,多くのブランドを持つ。同系の外人公司も,一味ちがった無国籍な楽しさがあるアイテムを展開する。

全く余談だが,Googleで「フライツォーリ OR Fraizzoli」とOR検索しても日本語ページで372件と少ない。ウェブ全体から検索しても877件である(平成18年2月14日現在)。

フライツォーリ(Fraizzoli)の公式サイト
聖林公司の公式サイト

原産国はイタリアで,サイズは46。ワークウェアブランドとは思えない位にタイト気味で色気のあるシルエットが特徴である。もちろん聖林公司とのコラボに依る日本向け仕様なのであろう。これだとワークユニフォームには向かない。

素材はポリエステルとコットンが65% と35% 。ツイルのような素材になっていて,ポリエステルのおかげで皺になりにくいし,雨にも強い。トレンチを原理主義的に語れば綿100% 。それもギャバジンと呼ばれる素材であるべきなのだろうが,今日はファッションアイテムとして様々な素材のトレンチコートが発表されている。

ちなみにギャバジンの開発は,バーバリーの創業者であるトーマス・バーバリーである。夏にでも着用できる薄い服地を探していた彼は農夫が着ていたリネンに目を付け,リネンより安いコットンでギャバジンを織ることにした。風と雨を防ぎ,適当に空気を通す事に理想を求め,糸の段階で防水をして,ギャバジンに織り上げた後で再度防水加工を施す方法を考え出し,理想に近いレインコート用の服地を作り出した。織物の一般名称になってしまった「ギャバジン」はバーバリーの登録商標である。

トレンチコートのディティール

画像(フライツォーリのトレンチコート)

ガン・フラップ,チン・フラップ,カフ・ストラップ,ウェストベルトとトレンチコートの機能は十分備わっている。もちろんボタンは,ダブルブレステッド。トレンチとして足りないディティールはエポーレットくらいか。

カジュアルにどう着るか

ファッションアイテムとしては,定番のトレンチコートだが,ここ数年は流行期が訪れているようで,男女問わず着用率が高い。ジャケットのようなショート丈のトレンチも見られる。

オンにも,オフにも着まわせるのは膝上丈ではないだろうか。膝下まで丈がいくと,高身長でそこそこがっしり体型でないと,コートに負けてしまう。かといってお尻が隠れるか隠れないかの丈も,もはやコートではない気がする。その点,このトレンチは膝上丈で身幅も締まっていて使い回しが利きそうだ。

コートといっても,ライナーなしで,コットンやポリエステルだと真冬はきつい。厚いウールや,ツイード素材なら防寒性はあるだろうが,このトレンチで真冬は越せそうにない。春秋にはもっと活躍するだろう。

さてどのように着こなしたら良いのであろうか。トレンチコートにはいろいろなファンクションが付いているだけに,これが難しい。一番はベルトの処理であろうか。取ってしまうとピーコートに近くなってしまう。よって今は,後ろで結んでいる。中は,シャツ,ニット,カーディガン,ベストなどを適当に重ね着。ボトムはジーンズ,スラックスパンツ,綿パンを適当に。結局は適当に着ているのだが,ファッションセンス,配色センスに自信がないので,コートとボトムorインナーとボトムを同系色にしたり(これが間違ってたり…),街の人の組み合わせを倣ったりしている。大好きなアイテムだけに,格好良く着れる人間になりたい。

ウェブサイトGallery~フライツォーリのトレンチコートにも写真を掲載中。

次回は,残りの一着,レインチーター(Raincheetah)のトレンチコートを紹介。



テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

ポールスミスPaul Smith
【2006/02/11 13:22】 ファッション

気が付くとポールスミス

なぜ買ってしまうのか。

ついつい買ってしまうのがポールスミスの服。理由は,

  • どこでも手に入る。
  • コストパフォーマンスの高さ。
  • ラインナップ:定番物からちょっと着こなしが難しいものまで。
と言うところ。ただ,どこでも購入できる=「こいつもポールスミスか。」となりがちなのが良くない。

コストパフォーマンスは高いと思う。ポールスミスの服が高いか,安いかは人に依るだろうが,すぐにへたったりするような生地の物は無いし,しっかりと縫製されている。多くが日本製だ。同じ価格帯のブランドの中では抜きに出ていると思う。

また,ポールスミスの服は面白い。派手な柄や色を上手に使ったジャケットやシャツが見られるが,私は,なかなか手が出せない。本来はそこがポールスミスの醍醐味なのだろう。加えて長く使える服も多い。質も高いのでなおさらだ。

そんなこんなで結局ポールスミスに行ってしまう事が多いのである。そこで現在の主力アイテムをならべてみた。

スーツ ポールスミスコレクション

ポールスミスのスーツ

就職祝い?のような形で母が買ってくれた。約11万ほど。私は体型が細く(171cm-50kg),なかなか既製は難しいのだが,これは今まで試着した中でピッタリ。ポールスミスのスーツは,S, M, Lという悲しいサイズ展開なのだが,このSサイズ以外考えられないと言う状態になった。肩幅は落ちることも,窮屈である事もない。シャツの上から着ると,シャツの袖が1.5cmほど綺麗に覗き,直すところはパンツの丈位。ウエストも適度にシェイプされ,ジャケットだけでも着れそうな位シルエットも良い。

生地は「policarPo」というイタリアのファクトリーで日本製。ウール100%である。

ウールのステンカラーコート

ポールスミスのコート

濃紺のステンカラーコート。今年の冬は特に活躍した。そこそこ高かったと記憶している。スーツの上に着ても大丈夫そう。ウール78%,アンゴラ10%,ナイロン10%,カシミヤ2%。日本製。

ベルト付きのジップブルゾン

ポールスミスのブルゾン

ベルベット素材で,裏地も中綿入りキルティングになっていて保温性抜群のアウター。これも結構高かった。当時のアルバイト給料一か月分がほとんど無くなった気がする。ベルトも付いていて,いろいろな着こなしが出来る。今もっているアウター野中で一番保温性があるので,着用回数は多いが,まだまだしっかりしているのはさすが。綿78%,レーヨン21%,ポリウレタン1%。日本製。

シャツ

ポールスミスのシャツ

ダブルカフスなので,カフ・リンクスを楽しめる。イタリア生地,日本製。

紺のパンツ

ポールスミスのコットンパンツ

紺のウール混のコットンパンツ。日本製。

グレーのウールパンツ

ポールスミスのウールパンツ

ウール主体のスラックスパンツ。色はグレー。日本製。

ベルト

ポールスミスのベルト

カジュアルベルト。ジーンズに合う。

ロディアのメモパッド(ポールスミス仕様)

ポールスミス氏自身も愛用しているメモパッド「ロディア(RHODIA)」のポールスミス仕様。万年筆愛用者には定番である。マルチカラーのボーダーと「Paul Smith」というロゴが入るだけで,一般ロディアより数十円値段が上がる。

やっぱり買ってしまう。

これらは日常に大分着用したが,傷んだりしたものは皆無。もちろん,服は消耗品だが,値段に見合う耐久性が十分ある。もっとお金を出せば,まだまだ上質なものもあるだろうが,仕送りなしで奨学金とバイトで生計を立てている大学生の私には最大限である。4月から社会人になり,少し趣味に使えるお金に余裕が出来ても,ポールスミスがアウト・オブ・眼中になる事は当分なさそうである。

ポールスミス

日本でのポールスミスのメンズ服は,ジョイックスコーポレーションがライセンス生産を請け負っている。
*日本の公式ウェブサイト英国の公式ウェブサイト

ファショコン通信様のところに詳細が。一部引用。

ポール・スミス(Paul SMITH)。1946年、イギリスのノッティンガムに生まれる。細身で遠目だと長身に見える、ロマンスグレーでぼさぼさパーマの、ちょっとベートーベンに似た、神経質そうな男性。70年10月、貯金の全額を払ってノッティンガムにショップを開く。当初、マーガレット・ハウエルやケンゾーを扱っていたが、徐々に自らデザインしたアイテムを扱い始める。後に、「ファイロファックス」、「ボクサー・ショーツ」や8ボタンのポロシャツ等を世に輩出。

76年、パリで初めてコレクションを発表。82年、日本企業のジョイックス・コーポレーションと業務提携。84年、南青山に直営店を開店。91年、英国産業デザイナー賞を受賞。91年11月、東京に旗艦店をオープン。

93年、ジーンズブランドとして「ポール・スミス ジーンズ」を発表。94年、カジュアルラインとして「アール・ニューボールド」を発表。1994 S/Sよりレディスライン、「ポール・スミス ウィメン」を発表。

98年、「GQマン・オブ・ジ・イヤー」を受賞。

99年8月、「ポール・スミス シューズ」を発表。2000年7月、ロンドンとパリで香水「ポール・スミス パルファン」を発表。同年11月、ファッションデザイナーとしてはハーディ・エイミスに続いて2人目となる、サーの称号で呼ばれるナイト爵位をエリザベス女王から授与される。

自ら「ひねりのあるクラシック」と定義するその手法は、伝統的な技術と仕立てを継承しつつも、品質や着やすさに遊び心を加えた個性的なものとなっている。

伝統的なトラディッショナルを基調として、ストリート感覚を加えた高級感溢れるモダンなスタイル。ラディカルで遊び心の溢れるコレクションを展開している。

ジョイックス・コーポレーションとの提携による日本市場を中心に、現在ではエリザベス女王より「英女王輸出功績賞」を受賞するほどの一大ファッション帝国を築き上げている。

2001年2月にはミラノにショップをオープン、3月には代官山にオープン。

同サイトの興味深いコメントに,ポール・スミスのメンズスーツはいわゆるトラッド系に属するので、「カッコいいスーツをサラっと着こなしたい」と考えているのであれば、ポール・スミスは避けておいた方が無難であろう。逆に「日常的に楽しげなスーツを愛用したい」と思うなら、適度に遊びの入ったポール・スミスのスーツが力を貸してくれるかもしれない。とある。

先に紹介した私のスーツ。個人的には,「カッコいいスーツをサラっと着こなしたい」系統ではないかと思う。ウエストのシェイプ加減は良い。また「ひねりのあるクラシック」と言っても,奇をてらった部分はなく,内ポケット周りが白の色使いでアクセントになっている位だろうか。

これらの画像は私のウェブサイトGalleryに掲載しています。



テーマ:ブランド - ジャンル:ファッション・ブランド

お菓子を箱買い
【2006/02/05 17:00】 今日食べた物

ピザポテト,チップスター,チョコあ~んぱん

画像(楽天カード)
画像(楽天カード)

インターネットを利用して何かを購入する際,写真の「楽天カード」を使用していた。確か,大学2年生の時くらいに作ったもの。「VISA」ブランドで,発行元は「三井住友カード株式会社」。楽天が,国内信販を買収して以来,現在の楽天カードの発行元は「楽天KC」らしい。

いつの間にか,楽天市場で使える「楽天ポイント」がたまっていて,卒業論文を書き上げた日,その内3000円分を使ってお菓子を購入した。送料を含めて無料。

画像(ピザポテト,チップスター,チョコあ~んぱん)

すばやい対応で,一種類欠品だったものの1日で入荷し,注文して3日後には到着。

画像(ピザポテト,チップスター,チョコあ~んぱん)
画像(ピザポテト,チップスター,チョコあ~んぱん)

注文したのは,ピザポテト,チップスター,チョコあ~んぱん。これだけあれば当分お菓子には困らない。大学4年のこの時期という事で,飲み会で我が家が使われても万全である。

画像(ピザポテト)
画像(ピザポテト)

リニューアルしたらしいピザポテト。トッピングがどんどんボリュームダウンしている気がする。

画像(ピザポテト)

一番,トッピングがしっかりしていた一枚。これ以外は,トッピングが無いに等しかった。昔は,しつこいくらい載っていたと思ったのだが…。



テーマ:お菓子 - ジャンル:グルメ




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。