The Fountain Of Things
主に趣味や日常生活,買い物に関する自分ログ

プロフィール ×

泉筆

  • Author:泉筆

  • 生年月日

    1984年3月19日
    某一部上場精密機械製造業に所属の新入社員

    性別


    身体的な仕様

    171cm-50kg
    A型
    鼠年
    左利き


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ココナッツサブレ
【2005/09/28 08:14】 今日食べた物
20050928074542.jpg

20050928074637.jpg


SUNKUS(サンクス)の100円菓子コーナーにあった。製造元は日清シスコで、あの定番の「ココナッツサブレ」であった。最後の方で少し舌に残る何かが懐かしい。これがココナッツであろうか。

ところで「バターココナッツ」という商品もその昔存在した。モンドセレクションの金メダル受賞を謳っていたはずだ。日清シスコの「ココナッツサブレ」とどっちが最初なのだろう。少し調べてみると、現在は「バターココナッツ」の販売会社であったワールドフーズ(旧日清製菓)が特別清算され、一部の商品を日清食品で販売しているらしい。

また、「ココナッツサブレは偽者。」だというサイトもあり、つまりは「バターココナッツ」が先駆けなのであろうか。私は、「バターココナッツ」はもうまったく見ないのだが、日清製菓が中国で生産していた企業(たぶん青島日清国際食品開発有限公司)が、存続して製造しているらしく、99円ショップ等で発見できるという記述も見られた。

ちなみにオンラインではAlibaba.comという所でチョコレート味が購入できるようである。
ただどうなんだろう、日本の設備や機械を導入しての中国生産という事だが、もはや日本人の好みを知っている今の「ココナッツサブレ」の方が美味しいのではないだろうか。
すると余計に、日清製菓で作られた「バターココナッツ」が気になってくる。

スポンサーサイト
サンクス(SUNKUS)のお得パンを10種類コンプリート
【2005/09/26 08:35】 今日食べた物

サークルKサンクスの2個で100円パン





bread_circleK001.jpg
bread_circleK002.jpg

あんぱん


あんは粒あんである。80円くらいの定番のあんぱんよりあんの割合が多いと感じる。黒胡麻がのったパン生地は少し硬め。



bread_circleK003.jpg
bread_circleK004.jpg

カステラケーキ


甘いスポンジケーキという感じ。フィリング等は無い。柔らかい食感を期待していたが、以外にずっしりで食べ応えがある。



bread_circleK005.jpg
bread_circleK006.jpg

カレードーナツ


所謂カレーパンである。揚げパンにカレーフィリングが入っている定番の仕様。これも、80円のカレーパンよりもフィリングが多く、パンに空洞が出来てないのが嬉しい。フィリングは甘めである。



bread_circleK007.jpg
bread_circleK008.jpg


クリームパン


カスタードクリームというかフラワーペースト入りのクリームパン。これも80円くらいのクリームパンよりはクリームの割合が多いと思う。ただ安いクリームパンにある、フラワーペーストの薬品臭さが気になった。



bread_circleK009.jpg
bread_circleK010.jpg

クロワッサン2個入り


ミニクロワッサンが2個入っている。フィリングや味付けなく、プレーンなクロワッサン。バターなど使われていないのではと思いきや、加工油脂だけでなく原材料にバターの文字がしっかりと合った。砂糖などで甘く味付けしたシュガークロワッサンよりすきだ。



bread_circleK011.jpg
bread_circleK012.jpg

ショコラメロン


メロンパンのビスケ生地とチョコが練りこまれたパン。不味くはなるはずはない組み合わせ。ビスケ部分は少々壊れやすい。ただチョコの香料だろうか、何かとってつけたような匂いが強い。



bread_circleK013.jpg
bread_circleK014.jpg

ジャムパン


おもてのパッケージには苺ジャム入りと表記されているが、原材料にはミックスジャムとなっている。そのジャムは、少々苺の香料が強めで、安い紙カップジャムにある砂糖主体のジャム。ただ他のパンと同じでフィリングの量は割合多目。



bread_circleK015.jpg
bread_circleK016.jpg

チョコツイスト


ツイストされたパンにチョコが練りこまれている。予想を良い意味でも悪い意味でも裏切る事の無い予想通りの味。甘さ控えめ。



bread_circleK017.jpg
bread_circleK018.jpg

バニラロール


スイスロール1/3カットくらいの大きさのロールケーキ。甘いバニラクリームが結構しっかりあり、そこまで香料臭くない。キンキンに冷やすと美味しいのもスイスロールと一緒である。



bread_circleK019.jpg
bread_circleK020.jpg

メロンパン


メロン生地がガシガシ系か、しっとり系の2種類で結構好みが別れるメロンパンであるが、これはしっとり系。ちなみに私はビスケ生地は硬いガシガシ派だが、しっとりも嫌いではない。フィリング等は無いプレーンなメロンパンで、側面のビスケ生地は以外に硬めで嬉しかった。


製造元はフジパンで、1個だと60円で、2個だと税込み100円になる。惣菜系がカレーパンしかないのが寂しいかな。総じて味は、価格を考えると標準以上だと思う。ただ安いパンのレベルを超える事は無い。

万年筆画像の加工
【2005/09/25 10:30】 画像加工
paper-originals.jpg

SANYOのXacti DSC-S3というデジカメの入門機種で撮影した画像。リング綴じのメモ帳が左利きにはつらいという状況を撮影した。ペンはペリカン(PELIKAN)社のTraditional M250。この画像を使ってFireworks MXで加工してみた。
paper2.jpg

彩度や明度を変更したり、セピア調のフィルタを当て自分のサイト名とアドレスのテキストを追加。Fireworksで直感的に加工したのだが、今はせっかくの機能をほとんど持て余している。まずはヘルプからじっくり読んで少しは使いこなせるようになりたい。


時間が許せば、ウェブサイトへもどうぞ↓(クリック)
paper2.jpg


万年筆の写真を
【2005/09/24 10:31】 画像加工
fountainpen020.jpg

この不鮮明な画像は、所謂、「おもちゃデジカメ」と呼ばれるカメラで撮影した万年筆の画像である。ペンは「Souverän M800」。ドイツはペリカン社の万年筆。カメラは高木産業のPDC-10Dという10万画素のCMOSセンサ。Fireworksを使って補正を試みたのだが、レタッチ初心者の私では見れる画像にする事は出来なかった。そこでいっそのことフィルタをかけて遊んでしまう事にする。
fountainpen00.jpg

これは、フリーにもかかわらず、たくさんのフィルタを持っている「PhotoFiltre」というフランス生まれのソフトウェアを使用した。かなり種類があるので片っ端から適用しまくり、生まれたこの画像。もはや写真ではなくなってしまったが、いろいろ工夫するとまた違った趣の素材が出来る。楽しみが一つ増えた。


フジパンのミニチョコパン
【2005/09/23 13:45】 今日食べた物
20050923133659.jpg
20050923133714.jpg


8個入りのミニチョコパン。しっとりしたパン生地に、チョコレート。このチョコレートがまた、粘度が高く、100円位の紙カップに入っているチョコスプレッドのような感じで、カカオ感は無い。パンの生地とまたミスマッチで余り美味しくなかった。

中が板チョコだったら美味しいかもしれない。


おさつスナックの季節
【2005/09/22 08:14】 今日食べた物
おさつスナック

おさつスナック


お菓子の季節がやってきた気がする。夏場は少なかったチョコレートの新製品や栗、薩摩芋を使ったお菓子を各社が出している。

そして秋の定番のおさつスナックも並んでいて、数ヶ月ぶりに食べた。袋を開けると薩摩芋の香り、口に入れると軽い食感に甘いあの味を確認できた。

ただ、食感が軽いゆえ少量では物足りない。結局はスナックなのだから間違ってはいないのだろう。堅くすれば、それは芋けんぴや薩摩芋チップスである。




スイスロール モカ 一本食い
【2005/09/21 12:28】 今日食べた物
スイスロール
スイスロール2


昔からの定番スイスロール近所のスーパーで100円だったのでバニラとモカの2本購入。学生が多く住むところだけあって、私と同じ大学生が次々と籠に入れていく。ゼミのプレゼン作成の休憩に、映画を見ながらおやつにした。半分に切って残りは冷蔵庫に入れておいたのだが、半分食べ終わると自然と冷蔵庫に向かいもう半分を取り出していた。半分に切った時に、綺麗にカットできなくて、なんとなく納得がいかず、気持ちがモヤモヤしていたのも原因。

原材料の一位が砂糖だけあって甘く、安っぽく、まさに加工したというクリームとスポンジは、「美味しい。」より、「うん、変わらないこの味。」と安心させてくれるような感じがする。毎日食べたいという感じじゃなく、丁度特売をして安く売られている時のタイミングにこの味を確認したくなる。

さて、2本買ってしまったわけで、実は今回はもう食傷気味だったりする。どうせなら大好きな茄子をもう一袋買えばよかったかも。次からは一本にしよう。

白玉&小倉
【2005/09/20 12:54】 今日食べた物
20050920121738.jpeg


20050920121804.jpeg


100円で安かったので、買ってみた。
まあ、予想通りのレベルというか。ぼそぼそした味気ないパン生地に少ない餡子。
このパンの売りである白玉は、餡のまわりを覆っているのだが一見少ないように見えて食べてみると以外に存在感があって白玉のモチモチを感じ取る事が出来る。裏を返せば、餡子が少ないので白玉が際立っているだけとも言える。
パンの名前も白玉&小倉だから、白玉強め路線なのかもしれない。原材料的には小倉あんの方が上位に来ているのだが。

ともあれ、餡子がもっとずっしりしていれば白玉が味と食感に良いアクセントを与えてくれてヒット商品になれると思う。まだまだモチモチは人気だし。

左利き用万年筆 ペリカンのペリカノ(Pelikano)
【2005/09/19 12:40】 万年筆
f-1-3.gif


前も左利き用の万年筆について触れたのだが、その後気になって左利き用の万年筆を検索してみた。すると、大好きなPelikanからも生産されている事が判明。
Pelikanoペリカノ(ペリカーノ?)とペリカノジュニアという若者向けの廉価な万年筆のシリーズである。ペリカノジュニアやフューチャーは手に入りやすく良く知られている。最近ではジュニアがドラマに使われ、モデルチェンジ前のジュニアが人気らしい。

購入できるのは輸入サウスポーグッズを取り扱っている株式会社コモンの通販ページ。ペンにとどまらず、様々なサウスポーグッズが売られていてとても興味深い。
万年筆のところに左利き用のラインナップがあり、ペリカノとジュニアに左利き用が販売されている。
f-1-4.gif

こちらがペリカノJr。

私なら、ペリカノが欲しい。いや、きっと買う。


左利きのつらさ
【2005/09/17 17:30】 万年筆
paper.jpg


私は左利きなのだが、筆記活動に支障が出ることが多い。横書きだと手が汚れ、画像のようにリング綴じのノートやメモ帳は、手の左側とリングがぶつかり非常に書き難い状態になる。万年筆も筆記角度が右利きの人より難しいと思う。

そこで、左利き用にニブが調整された万年筆が発売されている。日本ではセーラー万年筆が生産している。
ドイツのラミーのサファリかアルスターでもレフティが生産されているらしいのだが、どうも今は手に入らないようだ。

どうしても欲しいのだが・・・・

ポケットに万年筆(ポケ万)
【2005/09/16 12:31】 万年筆
MontBlanc(モンブラン)、最も広く世間に高級筆記具メーカーと認知されているだろう。もはや筆記具メーカーでなく、宝飾ブランドとしての方が認識度が高いのだろうか。
スーツのポケットから覗くモンブランの☆マークは今も昔もステータスとなっている。MontBlanc自体もより、そういう路線で進みたがっているらしく、昔からのMontBlanc贔屓の人を少なからずがっかりさせてるのではないだろうか。他メーカーのように、入門者向けのお手軽な価格帯のペンも無い。またMontBlancのペンのデザインは洗練されていると思うが、著名人が胸ポケットにモンブランを無駄にぶら下げている(ポケモン)を見ると、どうせインクも入っていないだろうなとちょっと悲しい。私には使うための筆記具という価値観があり、使ってこそアクセサリー的価値も生まれてくると思う。

1964年に初版が刊行された「着るか着られるか」(穂積和夫著)という古い本の「ポケットをどうこなす」という章に「まず胸のポケット。いくらウォーターマンを持ってるからって、ここに万年筆をブチこむのは野暮とされる。ました三本も四本も安物を並べ立てるのは中学の新入生なみだ。」と言い切っている。

ここで、ウォーターマンが例として挙がっているのも興味深い。当時は今より、ブランド的価値が高かったのだろうか。それはともかく、文房具好きの方達は「アクセサリーとしての使われない筆記具」に対してどう考えるのだろうか。

こんがり甘辛せん・・・・・ハッピーターン?
【2005/09/14 16:28】 今日食べた物
amakarasen


昨日、大学生協で買ってきたお菓子。今日は、ゼミもバイトも遊ぶ予定も何もないということで、家で映画を見ながらだらだら食べてみた。こ、これは・・・・・ハッピーターンじゃないか。これは意外な展開だった。しかしハッピーターン系=止まらない系なわけでいつの間にか無くなっていた。
ハッピーターン系調味料はかなり危険である。

クッキーパイ
【2005/09/13 18:36】 卒業研究
お菓子


ブルボンのプチシリーズのクッキーパイ。夕食後のおやつに食べた。プチシリーズは、かわいらしく、食べやすいのでつい買ってしまう。よくあるお菓子のパイ生地の一部がココア風味になっている。パッケージには、新食感とあるが、特筆すべき食感でもない気がする。

さて、大学卒業まであと少しになった。最後の砦「卒業研究」の真っ只中である。ほとんど授業もないので研究に集中できるのだがなかなか前が見えない。

やらなければならない事が有りすぎて、何を先にしたらいいのか悩み、結局進まない。幸い先生が丁寧に指導して下さるのできっと何とかなるとは思っている。同級生より秀でた研究結果を残したいと思っているので頑張るつもりだ。

お買い得なパンやお菓子と共に総選挙
【2005/09/12 18:04】 今日食べた物
bread


ゼミのプレゼン作成に追われ、買い物に行く暇がなかった総選挙の日。近くのコンビニ「サンクス」で食料を調達してきた。2個で100円の安いパン4個(あんぱん、ジャムパン、クリームパン、カステラケーキ)にお菓子(えんどう豆スナック)。占めて305円。

プレゼン作成も目途が付き、各局の選挙特番を見ながら食べていた。しかし自民の歴史的大勝利の中で一つ気になる事が。

スペシャルアンカーに久米宏氏、アンカーに筑紫哲也氏と豪華共演のTBS。年下の久米さんがスペシャルアンカーである事も気になる点ではあるが、それよりも視聴者から寄せられた意見として画面上部に流されていたテロップ。ほとんどが自民・小泉政権批判なのはいったい・・・・・。300近くの議席を獲得した小泉自民党。投票率も60数%とそこそこのはず。明らかに偏向報道????。

それとも、ここまで盛り上がっても選挙を棄権した30%の無関心な有権者がこぞって、番組にはご意見したんだろうか?
中には小学生の小泉首相、自民党批判もあったように見えたが。


グレンロイヤルのロディア(RHODIA)のメモカバーが欲しい。
【2005/09/11 10:58】 文房具
RHODIA

今は、定番となっているロディアのメモを購入した。N°11のポール・スミス仕様とN°12。共に210円だった。写真と詳細、自分の使いこなし(?)はウェブサイトで詳しく取り上げている。

そしてやっぱり欲しくなるのがカバー。やっぱり、ペンホルダーがついていると、よりロディアの機動性が増す。

ビニール製の安いカバーもあるが、どうせたかがメモ帳にカバーをつけるなら、本革のカバーをつけて自己満足に浸りたい。様々なメーカーやブランドから生産されているが、一番欲しいのがグレンロイヤルのそれである。価格は9800円で、N°13専用。

私がロディアのメモで一番使う機会が多そうなのは11か12なので残念だ。13を使うか、他ブランド検討するか・・・・・。

私が購入したロディアについて。

ロディアの紹介と、私の使い方。


Delta良い!!!
【2005/09/10 10:37】 万年筆
delta


昨日、コメントいただいたDeltaの万年筆。一番デザイン的に惹かれたのが写真の「オールドナポリ レッド」その他にもイタリアらしく色気があって美しいデザインばかり。「ドルチェビータ ミディアム ソワレ」なんかも欲しい。

しかし、デルタは1982年設立と若いブランドなのに、先進国首脳会議調印式で使われたり、アカデミー賞受賞者へのプレゼントに選ばれたりとすでに一流ブランドだ。

1900年代のはじめにシェーファーが開発したサイドレバーによるてこ式インク吸入方式を復活させるほか、ポケットの傷みを防ぐためのローリングウィールクリップを採用、材質もセルロイド、エボナイト、特殊レジンを使うなどディテイルにもかなりのこだわり。

確かに、それ故お値段が高い。「デルタ 366」ならなんとか・・・・


アウロラ タレンタム イタリアンレッド
【2005/09/09 07:49】 万年筆
タレンタム


イタリアの万年筆ブランドアウロラ(AURORA)の「タレンタム」というモデル。14金のペン先に、カートリッジ・コンバーター両用式である。定価は30000円。ここ数ヶ月ずっと欲しいなあと思っていたモデルだったが、このイタリアンレッドは廃番になっていてショック。自分の就職祝いにでも買おうかと思っていたのだが。

イタリアの万年筆はうわさによると癖が強いらしいが、その中ではアウロラはイタリアのブランドでも比較的しっかりとした作りをしているという評価が多い。しかしながら、その癖と洗練されたデザインがイタリア万年筆ファンを虜にさせている。是非私も、イタリアの万年筆を味わってみたいと思っていた。
もしかしたらまだ手に入るかもしれない、それとも別のモデル、ブランドを探してみるか。

万年筆 コンコルド M620
【2005/09/08 08:51】 万年筆
コンコルド M620


大好きなペリカンから新発売の万年筆。「コンコルド M620」。

テーマとなった「コンコルド」はフランスの首都パリ8区のセーヌ川沿いにあるパリ王室の最後で最大の広場。
君主制の廃止からフランス初の共和制の導入をもたらすパリ市民の動きに伴い、1792年、広場の名称は革命広場に変更される。その一年後、そこでルイ16世と王妃マリー・アントワネットが処刑された。コンコルドは自由革命の舞台になった広場である。

ボディはブルーとグレーの層状のストライプ柄を持つ樹脂に、リングとクリップはシルバー色。プラチナ装飾が施された18金のペン先に、機構は吸入式で高級感が溢れている。

自分のウェブサイトで取り上げているようにペリカンの万年筆が大好きなので、新製品は必ずチェックする。ペリカンは今後も、世界の史跡をテーマにペンをリリースするらしい。テーマになった場所の歴史的背景も一緒に学べて一石二鳥。

定価は42,000円。


エモーション ウッド&クローム 万年筆
【2005/09/07 12:56】 万年筆
fab.jpg


ファーバーカステルから新発売になった万年筆。
ボディに軽くて丈夫な梨の木を採用しており、キャップ・クリップ・グリップ部はマットクローム仕上げになっている。カラーバリエーションブラウン、ダークブラウン、ブラックの3色展開になっている。鉄ペンでペン先には、ブランドロゴであるファイティングナイト刻印されている。ニブの太さはFのみのようだ。カートリッジ・コンバーターの両用式だ。

人間工学に基づいた独特のボディラインに、木の質感が魅力的だが、鉄ペンにしては値段が15750円と高め、いや高いので、購入に踏み切れない。もしこれが、次のいずれかの条件を満たしていたらもっと私を悩ませていたと思う。

  • 1万円以下。

  • 14金ペン先。

  • 吸入式。




じゃこめし
【2005/09/06 08:32】 今日食べた物
じゃこめし


ご飯のお供。
玄米がとても好きだ。玄米は、肉、魚、野菜料理のどれもばっちりの相性だと思うが、このような佃煮や胡麻塩のみでもとても満足感のある食事になる。

玄米に合わない物を考えると寿司位だろうか?
私は、寧ろシャリが玄米の握り寿司を、是非とも食べたいが、きっと握るのが困難である。しかしチラシ寿司という手がある。いつか挑戦しなくては。


デキシーのレーズンクリーム
【2005/09/05 08:15】 今日食べた物
レーズンクリーム


デキシーという会社の「レーズンクリーム」。レーズン風味のクリームに、粒粒レーズンが入っている。

レーズンの酸味と甘味がクリームのアクセントになって良い。

給食に出たコッペパンとかにたっぷりはさみたい。

ポテトチップス・・・・・・
【2005/09/04 08:21】 今日食べた物
ポテトチップス


久し振りに大学に行った時、お菓子を買って帰った。チップスターと、ポテトチップス。

この2つは製法が異なっていて、チップスターについては、成型ポテトチップスといわれる。じゃがいもをスライスしてそのまま揚げたポテトチップスに対して、じゃがいもをフレーク状にして、調味料等を加えて揚げるの成型ポテトチップス。

1971年にP&Gがプリングルスが世界で始めて発売し、日本では1975年にヤマザキナビスコがチップスターを発売した。
成型の利点として、生産時にフレークにする事でじゃがいもの長期保存が可能である事、均一の形で割れ難い事などがあげられる。

どちらかと言うと私は、成型より普通のポテトチップスが好みである。油っこさは強いが、芋の味がするのもこちらだと思う。成型ポテトは芋風味という感じがある。

2つ買ったように、どちらも好きなのが本当のところ。


自家製発芽玄米
【2005/09/03 13:08】 今日食べた物
発芽玄米


昨日に引き続き買い物に行ってないので、朝食はどうしようと考える。選択肢は一つだった。「米」。

実は米よりパンが好きで、主食は専らパンになる私だが、玄米は大好きだ。風味と噛み応えが病みつきになる。だから、玄米をいつも水につけて発芽させている。
発芽玄米というのが売っているが美味しくない。白米好きな人のために食べやすくしているのだろう。

玄米にもメリット、デメリットがあるようだが、「美味しい」から余り深いことは考えずに食べている。とりあえず1合分平らげた。

さて今日こそは買い物に行かなければ。(茄子が食べたい。)


サークルKのパン
【2005/09/02 08:21】 今日食べた物
メンタイコフランス


夕食の準備が出来なかった。その結果、コンビニで済ませてしまう。食べたのは、メンタイコフランスとハムマヨーズ(2個入り)、そしてヨーグルト。基準は、安くてボリュームがあること。メンタイコフランスとヨーグルトは105円で、ハムマヨネーズは95円。メンタイコフランスは、メンタイコ入りマヨネーズという感じ。ハムマヨネーズは、そのままマヨネーズ。マヨマヨしてしまった。安いから文句は言えない。


WatermanCF
【2005/09/01 21:25】 万年筆
WatermanCF

これは、WatermanCFというモデルの万年筆。今ではもう生産されていない。ウェブページでも書いたのだが、父から譲り受けたのは良いがペンの状態がよくない。父が落としたと言っているようにペン先が若干ゆがんでいる。インクフローも渋く、筆記角度が全然あわないのだ。

私は、まだかまだかとペンクリニックの機会を待っている。私の住んでいる地方に来るのは年1~2回。春のペンクリニックは就職活動で行けなかった。

ペンクリニックの予定表を見ているのだが、来る予定はないようだ。もし大学卒業までに開催されないと、就職先である地元から一番近くの会場へ行くのに少々時間が要する。待ちくたびれて自分で調整に挑戦しない内に来ていただきたい。




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。