The Fountain Of Things
主に趣味や日常生活,買い物に関する自分ログ

プロフィール ×

泉筆

  • Author:泉筆

  • 生年月日

    1984年3月19日
    某一部上場精密機械製造業に所属の新入社員

    性別


    身体的な仕様

    171cm-50kg
    A型
    鼠年
    左利き


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インキ止め式万年筆
【2005/08/30 22:29】 万年筆
インキ止め式万年筆私的メモ、とり合えず最終回。

今日は、インキ止め万年筆の使い方のコツを見つけたので紹介。

インキ止め式万年筆は、軸内がすぐインクである。そのため手のひらの温度がインクタンクに直に伝わってしまい、インクのボタ落ちが他の方式の万年筆よりおきやすい。これはインクタンク内の空気の温度上昇による膨張のせい。液体のインクも膨張するが、圧倒的に空気の膨張の影響の方が大きい。インクタンクの中のインクがなくなってきたらこまめに注ぐ事でそのリスクを回避することが出来る。

こうして見ると手のかかる万年筆の中でも、余計に手のかかるインキ止め式。しかし、そこが魅力でもあり、インク止めの単純な構造はとてもノスタルジックな気持ちにさせてくれる。

スポンサーサイト
インキ止め万年筆
【2005/08/29 22:22】 万年筆
今日は、インキ止め式万年筆の使用後について。

インク止めは、尻軸のつまみからペン軸の中に細い芯が通っていて、ペン芯へのインクの通り道を、つまみを閉めると塞ぎ、つまみを開いたときに開ける、とてもシンプルな構造である。インクを補給する時、首軸をとると中にその細い芯が見える。

使用後しばらく使わない時、インク止め式の場合は、水を入れて保管する必要がある。これは、中の細い芯(コルク)が乾燥しやせ細ってしまうからである。また、その水も腐るため時々交換する必要がある。これが他の万年筆と異なる点である。

昨日書いたように、私は、これを怠った(知らなかった)ため、コルクが劣化しインク漏れをおこさせてしまった。

インキ止め式万年筆2
【2005/08/28 21:54】 万年筆
前日に引き続き、インキ止め万年筆私的メモ。

インキ止め万年筆は、その構造からどうしても長い間使っていると経年劣化により尻栓を緩めると漏れてくるということがあるそうだ。これはエボナイトでできたインク止めシャフトが痩せてきている事によると考えられる。応急処置としてはインク止めシャフトにポマード等を塗って漏れを抑える方法もあるらしい。

実は私が持っている手造り万年筆も使っていると尻栓からインクが漏れてくる。はじめは、使い方が間違っているのかと悩んでいたのだが、どうやらその部分が当てはまるらしい。

父から譲り受けしばらく使ったのだが、今は保管箱の中。ポマード塗るのもなんなので、修理に出そうと思っている。一緒に保証書が入っていたのだが、それによると修理を受け付けてくれるそうだ。

インキ止め式万年筆
【2005/08/27 22:07】 万年筆
tedukuri3.jpg

数回に分けて、ネットで見つけたインキ止め式万年筆の私的メモを書こうと思う。今日は、取り扱い方法について。


  1. 尻軸は締めた状態で、首軸をまわして外し、スポイトでインクを胴軸内に8分目ほど入れる。

  2. 首軸をしっかり締める。

  3. 使用時には尻軸を少し緩めると、インクがペン芯に流れ、筆記できる状態になる。尻軸の緩め具合で、インク流量がある程度調節可能。

  4. 筆記がおわったら、尻軸を締める。


しばらく使用しない時は、水を満たし、交換しながらて保管する。

これが基本的な取り扱い。ちなみに画像の万年筆は酒井・土田氏製作の手造りインキ止め式万年筆。私のウェブページでも紹介している。


万年筆のインク漏れ
【2005/08/26 21:39】 万年筆
万年筆のインク漏れの原因としては、万年筆の中と外の気圧差や気温差があげられる。冬の寒い時は、手による体温によって万年筆内部に暖かい空気が伝わりインク漏れが起こることがる。また、飛行機でも気圧の低下によりインク漏れが起こってしまう可能性もある。基本的に機内ではペン先を上に向けておくべきらしいく、使用する場合は最高高度達してから書くと良い。

これは勿論受け売りの知識。しかし心に留めておかなくては。そろそろ大学も卒業で、卒業旅行という話題も出ようかと言う時。当然万年筆も持っていくだろうが、インクまみれになって恥をかかないようにしなければ。

限界?携帯電話
【2005/08/25 22:06】 未分類
C3002K

私の携帯電話は充電していると、赤ランプが点灯し充電が終わると緑のランプに変わる。しかし最近、点灯が点滅に変わり充電も出来ていない模様だ。何度か充電器と本体をセットしなおすと充電できるようになる。しかしここ1年、明らかに電池切れの合図が出るのが早い。

それも当然だろうか、私は高校2年から現在の大学4年まで機種変無しで同じ携帯電話を使い続けている。別に新しい携帯電話が欲しいとも思わず使い続け来た。カメラこそ付いてないが、当然通話、メール、通信は出来るし電卓やスケジュール、メモもあるから十分すぎるくらいだ。ちなみに機種名はC3002K メーカーはau。

しかし、さすがに充電不能になると支障が生じる。それはまさにただの金属の塊に過ぎない。どうせなら大学卒業まで使ってやりたい。後半年程頑張って欲しい。


プブリック・ドメイン
【2005/08/24 21:49】 映画
某100円ショップで古い映画のDVDを見つけた(売値は315円)。そういえば最近、500円以下の古い映画DVDを良く見かける。昔の映画が安く見られるのはとても嬉しい。この値段なら、仮に作品がはずれでも納得できる(後々好きになるかもしれないし)。

実はこれらの映画は、パブリック・ドメインといって著作権が無くなり社会の共有財産になった作品であり、このような低価格になっているらしい。ちなみに日本の映画の著作権の保護期間は公表後70年で、平成16年の法改正により公表後50年から延長された。

もしかしたら隠れた名作に出会えるかもしれない。たくさんの昔の映画に触れてみようと思う。

万年筆と車、腕時計
【2005/08/23 21:25】 万年筆
毎日、毎日万年筆の写真を見ては「欲しいなあ。」とボーっとしてしまうのだが、ここ数ヶ月万年筆以外に手に入れたいものがある。それは腕時計。それもムーヴメントは「機械式」の腕時計だ。私が所有している腕時計は、全部電池で動くクオーツ式。クオーツ腕時計と違い、1日何秒かは精度が狂うため、時刻を合わせる手間が多い点や、数年に一度はオーバーホールが必要なことなど一見手間がかかるが、機械式時計独特の時を刻む音などとてもひきつけられる。

これは、万年筆とも共通点がある。インクを入れたり、洗浄が必要だったり手間がかかるのだが、持っていてとても楽しい道具である。さらには、私は車を購入する際はマニュアル車を運転したいと考えている。オートマ車と違い、ギアとクラッチの余分な手間があるのだが、クラッチの繋げ方が下手だったりすると、車は正直にガタガタして自分が車を操っている気分がいっそう強くなる。

万年筆が好きな人、マニュアル車を運転している人は今では珍しい(機械式の腕時計はそうでもないかもしれない。)。そこで思うのが、案外この2集団にかなり共通部分が存在するのではないだろうかという事。そんな統計無いかなあ?



今日の万年筆は?
【2005/08/22 20:20】 万年筆
そんなに多くの万年筆を持っているわけじゃないが、毎朝楽しみな事がある。それは持って出かける万年筆を選ぶこと。基本的に3本。ペンシースに入れる2本とシステム手帳につける1本。ペリカンのトラディショナルM250は必携となっているので、選ぶのは2本である。数日連続で選ばれる物がある一方で、たまにしか選ばれない物もある。本当にその日の気分である。

そう言えば私は、大学やバイトに行くとき携帯電話(すぐ忘れる)や財布、教科書を忘れたことがあっても手帳と万年筆は忘れた事は一度も無い。地震がおきても、枕より万年筆を持ち出す自信がある。

ちなみに今日一緒に出かけた万年筆は、必携のペリカンのトラディショナルM250、プラチナのシープ、そして手帳にはバーバリーの万年筆だった。

MP3プレーヤー
【2005/08/21 20:33】 未分類
大学への通学、バイト先への通勤に欠かせないのが音楽。現在あるきっかけから新しい分野の音楽を知り、さらに音楽熱は高まった。

現在の私のポータブル機器はMDプレーヤー。買った当時は主流で、小型で重宝したが、やはりMP3プレーヤーの存在が気になる。本体にたくさんの曲を記録できるので、別にディスクを携帯する必要が無い。しかもこだわらなければ、安くて大容量な物もある。しかしMDプレーヤが壊れない。別に壊れて欲しいわけではないが、MP3プレーヤーを買うきっかけが出来ない。だからまだ、ディスク1枚と本体と本体に入れたディスクを携帯して出かけている。そしてCDを買ったり、借りたりするとMDへちまちまと録音作業。

きっと、このMDの命尽きるまでは買うことは無いと思う。

万年筆
【2005/08/20 17:31】 万年筆
trad250b.jpg

大学で、主にノートとりに使っている万年筆。ドイツのペリカン社のTraditional250。本格的な吸入式+14金のペン先。ペリカンといえばSouveränシリーズが有名。私も父から譲り受けたSouveränM800を所有しているが、失くしたり、落としたりを考えて家専用に使っている。その点、250は価格もお手ごろで使いやすい。インクはウォーターマンのブルーブラック。今年が大学生活最後の年だが、未だ万年筆を使う学生と出会うことが出来ず。

ウェブページ立ち上げ記念に
【2005/08/19 22:08】 未分類
今日、ウェブページを立ち上げた。ついでにブログ登録。
ウェブページは直に卒業研究に関係するので放置しないように更新する決意。




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。