The Fountain Of Things
主に趣味や日常生活,買い物に関する自分ログ

プロフィール ×

泉筆

  • Author:泉筆

  • 生年月日

    1984年3月19日
    某一部上場精密機械製造業に所属の新入社員

    性別


    身体的な仕様

    171cm-50kg
    A型
    鼠年
    左利き


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


これからの通勤着~リネンのテーラードジャケット~
【2006/05/21 13:45】 ファッション

涼しい通勤用ジャケット

私の勤めている会社は私服通勤可能。だからと言って,暑い日にハーフパンツや,サンダルを履いてきて良いわけが無い。あくまで「社会人として相応しい格好」である。

すると長袖シャツ,ジャケットがぱっと頭に浮かぶ。どちらも私の好きなアイテムであり,シャツを着るとジャケットを着たくなる。それもシャツは絶対長袖シャツ。私は半袖のシャツはほとんど持っていない。腕が細くて,白いと言うのもあるし,冷え性なので,冷房のおかげで身体が冷える。よって真夏でも,シャツとジャケットはマストなのである。

そこで今から真夏にかけて活躍してくれるであろう手持ちのジャケットを紹介。

画像(メニケッティのジャケット)

こちらが,メニケッティ(MENICHETTI)のテーラードジャケット。一枚仕立てで,アンコン仕様なので軽くて,涼しい。素材は,綿と麻が半分ずつ。色は紺で,ボタンは2つ。袖口にはボタンが無い。写真では見づらいが,裁断は切りっ放し加工になっている。原産国はイタリアである。

ロベルト・メニケッティ(Roberto Menichetti)は, アメリカはニューヨーク州生まれのイタリア人。家が仕立ての会社をしていた関係でテーラーについて学ぶ。ペルージャのアカデミー・オブ・ファインアーツにて博士号を取得し,その後5年間ジル・サンダーのアシスタントデザイナーを務めた。1999年からのバーバリープローサムのクリエイティブディレクターを経て,2002年に独立。自身のブランド「メニケッティ(MENICHETTI)」を立ち上げ,2004年2月初ニューヨークコレクションを行う。2005 S/Sから2005-2006 A/Wまで,セリーヌのアーティスティック・ディレクターを務めた。

画像(リーチェのジャケット)

こちらは,リーチェ(RICE)と言うブランドのテーラードジャケット。総裏地のジャケットであるが,リネン55%で涼しい。色はグレーで,原産国はイタリア。リネンの質感でカジュアルだけど,カジュアル過ぎない感じがとても良い。

リーチェ(RICE)はイタリア人デザイナーが2名で手掛けるジャケットブランド。お手ごろで,格好良いジャケットを作っている。

最近,暖かくなってきたので,早速出番が増えている。シャツは毎日着ているが,ジャケットはウールだったり,コットンだったり。時にはカーディガンも着たりする。

室内やバス内は寒くても,毎日バス停まで,30ほど歩くのでシャツ位薄いジャケットが欲しいと思っているところだ。

これらの写真は,私のウェブサイト(The Fountain Of Stationery)Galleryで詳しく写真を掲載中。



スポンサーサイト

テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

マックレガー(McGREGOR)とJ.プレス(J.PRESS)のアウター
【2006/03/17 17:24】 ファッション

父から貰った服

マックレガー(McGREGOR)のコートとブルゾン

画像(マックレガーのステンカラーコート)
画像(マックレガーのブルゾン)

父のクローゼットに眠っていた服で,着る機会がないようなので譲ってもらった。

左のベージュのステンカラーコートは,スーツ,カジュアルと問わず使用できる。「ベージュのステンカラーコート」,かなり使えるアイテムだが,なぜか買う機会がなかったので重宝しそうである。

右は,レザーのブルゾン。スウェードのような手触り。冬のアウターは,コート系が好きで,ジャンパー・ブルゾンには,自分では食指が伸びなかったりするので,新鮮なアイテムだ。防寒性があり,かなり使える。

父のクローゼットには,ニューヨーカー,J.PRESS,VANなどのブランドが多く,まさにアメトラファッションを謳歌してきたようだ。

さてマックレガー(McGREGOR)。若い自分には馴染みが無い。デパートに入っているブランドと言う感じ。調べてみると,株式会社ニチメンインフィニティがライセンス契約を結び,日本で展開しているようである。簡単に歴史を紹介。

  • 1921年,デビッド・ドニガーの手によってアメリカで生まれた。英国から輸入したゴルフウエアを「コーディネイト スポーツウエア」として提案。
  • 1950年代に入るとアメリカ陸軍PXを通して世界21ヶ国に輸出され,同時にライセンスビジネスがスタート。
  • 1961年,日綿実業株式会社(現双日株式会社 前ニチメン株式会社)がライセンス契約を結び,マックレガーが日本に登場。カジュアルウエアの概念がなかった日本でマックレガーブランドは,爆発的にヒット。中でもジェームス・ディーンのトレードマークとなった赤いドリズラーは,マックレガーのシンボルとまで言われるようになった。 その後に起こったワンポイントマークの流行に先鞭をつけ,マックレガーが日本にカジュアルウエアを定着させた。
  • 株式会社ニチメンインフィニティ

J.プレス(J.PRESS)のコート

画像(J.プレス)のコート

カーキ色のデザインコート。内部は厚手のウールなので暖かい。時代遅れという感じは無く,今のミリタリーファッションの流行にもあっていると言える。

凝ったデザインになっていて,腰のゴムでウエストの調整が可能で,ボタンはくるみボタンである。腰ポケットの口はレザー。前合わせはジップアップとくるみボタン留めの二重構造となっている。

カジュアルには勿論,スーツの上からでもいけるかもしれない。

J.プレスもアメリカン・トラディショナルの代表である。日本ではオンワード梶山がライセンス契約を結び展開している。歴史は古いようで,創業100年を超える。

  • 1902年,アイビーリーグの名門校,イエール大学の本拠地であるアメリカはコネチカット州ニューへブンでジャコビー・プレスによって創業。学生や教授から評判が広がりアメリカ全土へ進出。「人間の体型に最も素直で快適な服を生み出す」というこだわりは現在まで受け継がれている。
  • アイビーリーグ出身のエグゼクティブをはじめ,多くの男たちに愛され続けてきた。
  • 株式会社オンワード樫山
  • J.PRESS公式サイト(英語)

画像(J.プレスのハウスマーク)

このJ.プレスのハウスマーク。マーク内は羊の素材の良さ,はさみは仕立ての良さを表現している。



テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

トゥモローランド(TOMORROWLAND)のジャケット
【2006/03/16 16:20】 ファッション

トゥモローランドがお気に入り

お気に入りのセレクトショップの一つがトゥモローランドである。私の年齢より,対象年齢は上だと思われるが,落ち着いた雰囲気ながら流行の完成を取り入れたアイテムが非常に好みに合う。そんなトゥモローランドで購入したジャケット2着を紹介。

2つボタンコットンジャケット

画像(トゥモローランドのコットンジャケット)

これは,ベージュのコットンジャケット。2つボタンのタイトなシルエットになっている。ラペルが細め,Vゾーン深めで,今の流行に合っている。半裏でコットン素材なので,3シーズン活躍してくれる。後ろは,センターベントになっている。細身のシルエットで,ウエストのシェイプが効いている。

画像(トゥモローランドのコットンジャケット)
画像(トゥモローランドのコットンジャケット)
画像(トゥモローランドのコットンジャケット)

ディティールはとても凝っている。袖口のボタンは本開き(本切羽)仕様,内側はお台場仕立て,D管留めとポイントステッチ。ラペルには,ピックステッチが施されている。ただ袖口のボタンを外す事なんて一度も無かったのだが。

3つボタンウールジャケット

画像(トゥモローランドのウールジャケット)

上のジャケットと似た雰囲気だが,こちらはウール主体のジャケット。コットンも混合されている。一見2つボタンだが,3つボタンの段返りになっている。後ろはサイドベンツである。

本切羽やお台場仕立てなどは施されていないが,とても上質な生地感のジャケットである。シルエットは比較的細身だが,ウエストのシェイプは余り無く寸胴型。サイズと合わせ方を間違えればおっさん化してしまう危険も含んでいる。

トゥモローランド(TOMORROWLAND)について

1979年にメンズニットウェアの製品卸企業として創業したのが始まりである。三大セレクトショップであるビームス,アローズ,シップスにも商品を納入していた。

1984年,東京は自由が丘に直営店を開いたのがセレクトショップとしてのトゥモローランドの始まりで,オリジナルアイテムの比率は,約70%。トゥモローランドは,商社を介して別注をかけるのではなく,素材の手配・縫製管理なども自社で行っており,検品基準の高さでも有名である。

「Edition(エディション)」というラインでは,よりカジュアルなアイテムを扱っており,オリジナル商品が中心である。



テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド

アクアスキュータム(Aquascutum)のコート
【2006/03/15 17:26】 ファッション

アクアスキュータム(Aquascutum)のコートを紹介

画像(アクアスキュータムのコート)

バルマカーン(ステンカラ)ーコート

英国ブランド「アクアスキュータム」のコートを紹介。色は紺で,サイズは,シャツの上からでジャスト,スーツの上から着ると少しタイト目といったところ。英国産である。バルマカーン(ステンカラー)コートという事で良いのだろうか。重めの生地で,防寒性もある。着丈が95cmほどなので,スーツでもカジュアルにも使えるちょうど良い大きさだ。

画像(アクアスキュータムのコート)

裏地のデザインも洒落ていて滑らかな肌触りである。着心地がとても良い。

画像(アクアスキュータムのコート)
画像(アクアスキュータムのコート)

内ポケットと襟元付近のタグ。アクアスキュータムの代名詞的な生地である「アクア5(Aqua5)」の文字が見える。Aqua(水),Scutum(楯)の名のとおり,究極の防水性を持つ。一般的に「アクアス」と略されているが,区切りとしては,「アクア」と「スキュータム」という事になる。

アクアスキュータム(Aquascutum)について

1851年、ジョン・エマリー(John EMARY)がロンドンのリージェント・ストリート(Regent Street)46-48番地に小さな高級紳士服店をオープン。当時はアクアスキュータムと名乗ってはいなかった。

この店では,上等なスーツやオーバーコートを作る一方で,ウールの防水加工という,それまで誰も手がけたことのなかった試みに挑戦しており,1853年の初頭,ついに雨をはじき,しかも柔らかくしなやかな天然素材の開発に成功。ラテン語で「水」を表すaquaと「楯」を表すscutumの2語を組み合わせた造語で「防水」を意味するAquascutumと名乗った。

1854年,極寒のロシアでのクリミア戦争で,アクアスキュータムの防水性のコートが将校達に支持された。このクリミア戦争で我々の日常生活に影響を及ぼしている画期的な出来事にラグラン袖の発明がある。このラグラン袖は軽騎兵に突撃の合図をする際,もっと腕を動かしやすいようにと初代英軍総司令官ラグラン将軍がエマリー社に要請し,考案,裁断されたと言われている。

このラグラン袖は1900年代はじめごろのエマリー社製コートに採用され,アクアスキュータムのライバル企業バーバリー社でも1910年頃にトレンチコートの前身「タイロッケン」に転用されている。ラグラン袖(ラグラン・スリーブ)とは,袖付けの縫い目がそでぐりから衿まで達している袖のことです。ジャケットのように身頃と袖がはっきり二つに分かれ,肩先でアームホールに従って縫い合わせられている袖はセットイン・スリーブと言う。

1897年には,エドワード王子から英国王室御用達の勅許状を賜り,1920年から1936年にかけてはその孫にあたる後のウィンザー公から,さらに1952年には皇太后陛下からも賜り,名実ともに英国を代表するブランドとなった。

1914年の大戦の悲惨な塹壕戦の中で,兵士たちの恐怖を和らげる役目を果たしたのがアクアスキュータムのコートである。アクアスキュ-タムは,自社のコ-トが水を通したという将校には,直ちに無料で代わりのコ-トを提供すると宣言していたが,そんなクレ-ムがつく心配などなかった。

また,婦人参政権をめぐる戦いにも協力,「婦人のためのコ-トから,婦人のための投票権へ」という会社の予言がその通り実現し,女性とアクアスキュ-タムのどちらの側にも大きな利益をもたらした。以来,アクアスキュ-タムは高級婦人服の老舗としての地位も築いたのである。

日本へは60年代に進出し,株式会社レナウンがライセンス契約を結んでいる。

2004年9月21日には,ロンドン リージェントストリート100番地に位置するアクアスキュータム旗鑑店がリニューアルオープン。そして2006年春からは,レディースとメンズの25~35歳を対象とする「アクアスキュータム・UKレーベル」を展開する。これで,アクアスキュータムは,メインラインの「アクアスキュータム・ロンドン」,コレクションライン「アクアスキュータム・コレクション」と,今回の新ライン「アクアスキュータム・UKレーベル」の3ライン体制となる。UKレーベルは企画や開発は,ロンドン本社とレナウンのチームにより,日本市場の特性も加味しながら共同で行う。生産もイタリアと日本とで行われるようである。



テーマ:おしゃれ&かわいいもの日記 - ジャンル:ファッション・ブランド

トレンチコートの歴史と機能
【2006/02/18 11:38】 ファッション

トレンチコートの歴史と機能を紹介

トレンチコートについて

画像(レインチータのトレンチコート)
画像(フライツォーリのトレンチコート)

前回と,前々回にフライツォーリのトレンチコートと,レインチータのトレンチコートを紹介した。

その時にも書いたように,トレンチコートは好きなファッションアイテム5本の指(テーラードジャケット,トレンチコート,長袖シャツ(カーディガン),革靴,腕時計)の一つである。そこで,今回はトレンチコートについて詳しく調べてみた。

トレンチコートの基礎知識

戦争は多くの悲劇だけでなく,機能性,デザイン性に優れた衣服を生み出した。トレンチコートもその一つであり,第一次世界大戦の塹壕戦で大いに活躍した。戦争後は,レインコートとして男性はもちろん女性にも着用されるようになった。ロンドンの雨はしとしとと降る霧のような雨で、日本のように土砂降りになることはめったにない。傘はステッキ代わりで,殆どの人が広げようとしない。機能性に優れたレインコートがあれば事足りるのである。雨に濡れるのをいとわず胸を張って歩くのがダンディだとされているそうだ。

平和時に「トレンチ」といえば考古学者が遺跡を発掘するために掘る溝のことを指す。戦争時となれば「塹壕」を意味する。戦場の最前線に身長の半分ぐらいの深さの溝を掘り、その中で銃を構え、敵が現れるのじっと待つ際に着用されたのがトレンチコートである。

後で示すように,トレンチコートに無駄なディティールは無い。戦争使用に耐えたのだから当然だろう。第一次世界大戦中には54万人の将校がこのコートを使用していた。

トレンチコートといえば,英国の「アクアスキュータム(Aquascutum)」と「バーバリー(BURBERRY)」が思いつく。

バーバリーの創業者であるトーマス・バーバリーは,夏にでも着用できる薄い服地を探していた。彼は農夫が着ていたリネンに目を付け、リネンより安いコットンでギャバジンを織ることにした。糸の段階で防水をして、ギャバジンに織り上げた後で再度防水加工を施す方法を考え出し、理想に近いレインコート用の服地を作り出す。現在,織物の一般名称になってしまった「ギャバジン」は同社の登録商標である。1911年に第一次世界大戦が勃発し,塹壕(トレンチ)で激しい戦闘が繰り広げられるのを見て、ボタンがなく紐で括るタイロッケンコートに改良を加え,トレンチコートを完成させた。

1851年にロンドンのリージェント.ストリートに小さな高級紳士服店をオープンしたのが,アクアスキュータムである。1853年に,抜群の防水性を持つウール服地を開発。ラテン語で防水という意味を持つ「アクア(水)スキュータム(盾)」という名前がつけられた。第一次世界大戦時は塹壕戦が激しくなり,軽くて,雨を通さず,暖かいコートが要求された。アクアスキュータムはこれにこたえて数多くのトレンチコートを供給してきた。

トレンチコートの機能

画像(トレンチコート)

①,エポーレット(肩章)

画像(エポーレット)

かつては将校の地位を表すバッジをつけていたエポーレット。それだけではなく双眼鏡のストラップを通して固定したり,水筒をつり下げるのにも適している。

②,ガンフラップ

画像(ガンフラップ)

第一次大戦の際には、ライフル銃の銃床を支え,撃った時の衝撃から体を守るためのものだったガンフラップ。当時は今よりも大きく,ラベルにかけてボタン留めするこのデザインは,現在でも水がコートの中に入るのを防ぐことに役立っている。

③,チン・ストラップ(チン・ウォーマー)

画像(チン・ストラップ)

文字通りアゴを暖める役割を果たしている。

④,腰ベルト

画像(腰ベルト)

ウエスト位置で絞めるベルトには,ナイフや手榴弾、水筒などの装具をを下げるためのD字型の金属リングが6個付けられている(写真では付いてない)。現在では装飾的な意味が強い。

⑤,カフ・ストラップ(スリーブ・ストラップ)

画像(カフ・ストラップ)

コートの袖口には細いベルトがつけられているが,思い切り絞め上げると袖口から入ろうとする雨水を完全にシャットアウトしてくれる。また,締めることで風の侵入も防ぎ,腕を動かしても袖がまくれないようになっている。

⑥,ストーム・ポケット

画像(ストーム・ポケット)

ストームポケットの中に水が入るのを防ぐためのフラップがボタンでかけられるようになっている。

⑦,フック&アイ

激しい雨風を防ぐため衿を立たせ、のどもとをしっかりと止めるためのフック&アイ。

ケープ・ドバック

画像(2重ヨーク)

ケープド・バックと呼ばれる雨が最も当たる背中上部のケープ状のヨークが二重になっていて,防水の役割を果たす。

ダブルブレステッド

画像(ダブルブレステッド)

前ボタンは,シングルブレステッドもあるが,伝統的にはダブルブレステッドだろう。

トレンチコートは魅力的

エポーレット,ガンフラップ,腰ベルト等,今日では,デザイン上のものでしかない箇所はあるが,機能性とデザイン性に優れているトレンチコートは魅力的である。



テーマ:男性ファッション全般 - ジャンル:ファッション・ブランド




サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。