The Fountain Of Things
主に趣味や日常生活,買い物に関する自分ログ

プロフィール ×

泉筆

  • Author:泉筆

  • 生年月日

    1984年3月19日
    某一部上場精密機械製造業に所属の新入社員

    性別


    身体的な仕様

    171cm-50kg
    A型
    鼠年
    左利き


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

ブロとも申請フォーム ×

この人とブロともになる


スポンサーサイト
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


万年筆画像の加工
【2005/09/25 10:30】 画像加工
paper-originals.jpg

SANYOのXacti DSC-S3というデジカメの入門機種で撮影した画像。リング綴じのメモ帳が左利きにはつらいという状況を撮影した。ペンはペリカン(PELIKAN)社のTraditional M250。この画像を使ってFireworks MXで加工してみた。
paper2.jpg

彩度や明度を変更したり、セピア調のフィルタを当て自分のサイト名とアドレスのテキストを追加。Fireworksで直感的に加工したのだが、今はせっかくの機能をほとんど持て余している。まずはヘルプからじっくり読んで少しは使いこなせるようになりたい。


時間が許せば、ウェブサイトへもどうぞ↓(クリック)
paper2.jpg


スポンサーサイト
万年筆の写真を
【2005/09/24 10:31】 画像加工
fountainpen020.jpg

この不鮮明な画像は、所謂、「おもちゃデジカメ」と呼ばれるカメラで撮影した万年筆の画像である。ペンは「Souverän M800」。ドイツはペリカン社の万年筆。カメラは高木産業のPDC-10Dという10万画素のCMOSセンサ。Fireworksを使って補正を試みたのだが、レタッチ初心者の私では見れる画像にする事は出来なかった。そこでいっそのことフィルタをかけて遊んでしまう事にする。
fountainpen00.jpg

これは、フリーにもかかわらず、たくさんのフィルタを持っている「PhotoFiltre」というフランス生まれのソフトウェアを使用した。かなり種類があるので片っ端から適用しまくり、生まれたこの画像。もはや写真ではなくなってしまったが、いろいろ工夫するとまた違った趣の素材が出来る。楽しみが一つ増えた。





サイドメニュー ×
メニューA  メニューB


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。